top_1_b.jpg

m_1.jpg

m_2.jpg

m_5_9_b.jpg

 税理士は経営者の立場に最も近い専門家です。
 税理士こそが中小企業の経理業務に係る内部監査を行うべき立場にあると考えます。
 なぜなら税理士は、日常的に(現実には「月次に」が多いでしょうが)会社の数値に接しており、経営者の懸案事項を適時に把握する立場にあると考えるからです。
 そうした責任ある作業を行うに当たっては、安価に作業を引き受けることはできません。
 「単に会計データを作成して終わり」
 そのことのみを要求するならば考えましょう。
 しかし、中里会計事務所では、少なくとも年に一度は経営者とお話しする機会を求めます。 
 税務申告書にサインをする上で、それが必要なことだと考えています。
 そのための最低限の、相応の報酬は求めたいと思います。

bt_10.jpgbt_10.jpg

m_6.jpgm_6.jpg

bt_1_a.jpgbt_1_a.jpg

bt_2_a.jpgbt_2_a.jpg

bt_3_a.jpgbt_3_a.jpg

bt_4_a.jpgbt_4_a.jpg

bt_5_a.jpgbt_5_a.jpg

bt_6_a.jpgbt_6_a.jpg

bt_7_a.jpgbt_7_a.jpg

bt_8_a.jpgbt_8_a.jpg

bt_9_a.jpgbt_9_a.jpg

bt_109_a.jpgbt_109_a.jpg

bt_20_a.jpgbt_20_a.jpg