top_1_b.jpg

m_1.jpg

m_2.jpg

m_5_8_b.jpg

 まずは証拠の保全です。可能であれば不正実行者へのインタビューを含め、事実関係を示す資料の収集を優先して証拠隠滅を回避します。
 プレスリリースが必要な上場会社の場合には、インサイダー取引の可能性にも配慮しながら情報をコントロールし、ファーストリリースの時期、内容(調査委員会の設置を含む)等を慎重に検討します。
 その後、不正の詳細を調査します。その際のポイントは、原因究明、損害額の確定、潜在的な影響の検討(他に同様の不正がないか)、再発防止策の4つです。
 プレスリリース以外にも、規制当局に対する必要な報告、顧客や仕入先・従業員等の関係者へのお詫び等、無用な疑念を与えないようにするため、必要な情報を適時に適切な関係者に通知することが肝要です。

bt_10.jpgbt_10.jpg

m_6.jpgm_6.jpg

bt_1_a.jpgbt_1_a.jpg

bt_2_a.jpgbt_2_a.jpg

bt_3_a.jpgbt_3_a.jpg

bt_4_a.jpgbt_4_a.jpg

bt_5_a.jpgbt_5_a.jpg

bt_6_a.jpgbt_6_a.jpg

bt_7_a.jpgbt_7_a.jpg

bt_8_a.jpgbt_8_a.jpg

bt_9_a.jpgbt_9_a.jpg

bt_109_a.jpgbt_109_a.jpg

bt_20_a.jpgbt_20_a.jpg