top_1_b.jpg

m_1.jpg

m_2.jpg

m_5_6_b.jpg

 課税所得と会計上の損益とは別物です。
 税金を払っているからといって業績が堅調な会社とは限りません。
 特に税務会計のみに頼って会社の業績を把握しようとすると、どうしても限界があります。
 金融商品会計や退職給付会計、減損会計や税効果、研究開発や連結等、一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に従った場合、会社の業況がガラっと代わってしまうことが通常です。
 特に過去の決算操作で生じた長期滞留の売掛金や棚卸資産、実在しない固定資産や時価の下落した投資有価証券等、歴史的な残滓のような資産の価値を冷静に見つめ直してみると、会社の財政状態の実情が明らかになるかも知れません。

bt_10.jpgbt_10.jpg

m_6.jpgm_6.jpg

bt_1_a.jpgbt_1_a.jpg

bt_2_a.jpgbt_2_a.jpg

bt_3_a.jpgbt_3_a.jpg

bt_4_a.jpgbt_4_a.jpg

bt_5_a.jpgbt_5_a.jpg

bt_6_a.jpgbt_6_a.jpg

bt_7_a.jpgbt_7_a.jpg

bt_8_a.jpgbt_8_a.jpg

bt_9_a.jpgbt_9_a.jpg

bt_109_a.jpgbt_109_a.jpg

bt_20_a.jpgbt_20_a.jpg