top_1_b.jpg

m_1.jpg

m_2.jpg

m_5_5_b.jpg

 節税したい気持ちは分かります。
 できる限りの節税策も考えましょう。
 しかし、「税金を減らしたい」という思いが強すぎて、無用な物を購入することは禁物です。 
 節税のために大量に購入した消耗品を使わないまま廃棄することを考えれば、かえって税金を払った方が出費を少なく抑えられる場合も考えられます。
 保険やリース等の節税商品によって、無用なリスクを背負い込むことも考えられます。
 巷には節税対策の書籍や情報が氾濫していますが、実際のところ節税策を考える場合には会社の業種や業態、業績の動向や取引先との関係、現在保有する資産や負債等、会社の実情によって千差万別と考えられます。
 一般的な節税策もありますが、安易な節税策はかえって失敗する可能性もありますから、慎重に検討しなければなりません。

bt_10.jpgbt_10.jpg

m_6.jpgm_6.jpg

bt_1_a.jpgbt_1_a.jpg

bt_2_a.jpgbt_2_a.jpg

bt_3_a.jpgbt_3_a.jpg

bt_4_a.jpgbt_4_a.jpg

bt_5_a.jpgbt_5_a.jpg

bt_6_a.jpgbt_6_a.jpg

bt_7_a.jpgbt_7_a.jpg

bt_8_a.jpgbt_8_a.jpg

bt_9_a.jpgbt_9_a.jpg

bt_109_a.jpgbt_109_a.jpg

bt_20_a.jpgbt_20_a.jpg