top_1_b.jpg

m_1.jpg

m_2.jpg

m_5_3_b.jpg

「決算は年に一度」ではなく、毎月行うのが本寸法です。
 それも、少なくとも翌月の10営業日までには、先月の売上や売上原価、販売費及び一般管理費、営業外損益や特別損益が確定していることが重要です。
 直近の月次決算を早期に把握できない限り、迅速な経営意思決定は困難です。
 月次決算の早期化のポイントは、月次決算で行うべき作業を標準化することです。
 「何をするべきか」また「いつまでにするか」をハッキリさせることで、月次決算を遅らせている要因を把握し、これを解消していきます。
 月次決算で把握できる会社の実情から、現状及び将来における経営課題を適時適切に見いだし、その解決策の検討を支援します。

bt_10.jpgbt_10.jpg

m_6.jpgm_6.jpg

bt_1_a.jpgbt_1_a.jpg

bt_2_a.jpgbt_2_a.jpg

bt_3_a.jpgbt_3_a.jpg

bt_4_a.jpgbt_4_a.jpg

bt_5_a.jpgbt_5_a.jpg

bt_6_a.jpgbt_6_a.jpg

bt_7_a.jpgbt_7_a.jpg

bt_8_a.jpgbt_8_a.jpg

bt_9_a.jpgbt_9_a.jpg

bt_109_a.jpgbt_109_a.jpg

bt_20_a.jpgbt_20_a.jpg